Latest Entries

政務調査活動

今日から県下各地の平成30年度予算要望に関する聞き取りをさせて頂きました。初日は彦根市であり、国体主会場に関係する諸問題や彦根城を世界文化遺産に登録するための県の支援、永年の要望事項である国道8号BPの促進など多岐にわたり要望を頂きました。県においても財政状況は決して好転しているとは言えませんが、少しでも要望実現のため政調会を通じ頑張らなくてはなりません。

常任委員会県内調査

厚生・産業常任委員会の県内調査が行われました。精神医療センターではアルコール健康障害やギャンブル依存症などについて状況の説明を受けました。私にとっては、両方とも危険性をはらんでいますが、今のところは大丈夫です。アルコールやギャンブル依存症についてその基準を確認しましたが、アルコールについては医療の中で基準が定められているようですが、ギャンブルについては家庭の平和が保てていない人を指すようです。ようはお金にまつわり家庭不和に陥った人を指すのでしょう。次に子供自動相談センターの取り組みについて勉強させて頂きました。今の社会で児童虐待や家庭内暴力は大きな問題であり、同センターが果たすべき役割は大きなものがあります。

忘れていた民進党代表選挙

民進党代表選挙が今日告示されたとのことです。影が薄くなっていた同党選挙ですからすっかり忘れていました。都議選後、数名の議員が離党されています。細野議員などはイの一番に離党をされましたが、報道によると加計は常に日の当たるところいたい。いわゆる目立ちたりやですから蓮舫元代表とは相いれないものがあったのでしょうが、今度は「日本ファスト」とかいう政党と連携を組むようです。所詮脚光を浴びたい性格なのでしょう。代表選挙には前原氏と枝野氏が立候補をされました。四野党共闘が前代表の時に締結されていますが、政権を担おうという民進党が共産党と政権構想も構築せずに組することは野合としか言えません。原発の問題や消費税問題、憲法改正でも両者の考え方はかなり相違があります。国会議員票では保守系の前原氏がややリードと報道されていますが、サポーターと言われる方々や地方議員の票の行方は現時点ではわからないようです。どちらが代表になられてもさほど関心はありませんがいずれにしても新鮮味がない代表選挙です。

デスクワーク

珍しく公務もなく、後援会ゴルフコンペの組み合わせ発送の準備や議会だよりの発送宛名の整理をしています。その合間には高校野球の準々決勝のTV中継などを見ていますが、さすがにベストエイトの好試合が続いています。それにしても金属バットとはいえ今の高校生のパワーは凄いものがあります。ホームランも大会記録を塗り替えたということです。残り準決勝、決勝と戦うわけですが最後までベストを尽くして頑張ってほしいと思います。

韓国問題

日韓関係の中で戦後はまだ終わっていないようです。またまた韓国は戦時中の徴用工問題の個人の賠償権は存在するとしています。戦後の日韓間の賠償の中で当時日本政府は5億ドルという大金を支払い、その金額には徴用工の賠償は含まれるとする日本の立場でありますが、韓国は慰安婦問題と同じように徴用工の個人の賠償権は今なお存在するとしています。慰安婦問題でもつい最近日韓合意に基づき多額の補償をしたのにも拘わらず、今も慰安婦像の撤去をしようとはしません。政府間交渉で合意に達した問題でも大統領が変わればこの有様です。まさに日韓は近い国でもこれでは信頼関係は築くことができません。朝鮮半島有事も心配される昨今であり、日米韓の安全保障を強固に築く必要がありますが、どうも心情的に日韓関係は改善には至らないように思えます。

Appendix

プロフィール

滋賀県議会議員 さの高典

Author:滋賀県議会議員 さの高典

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

QRコード

QRコード