Entries

環境農水常任委員会

今年度初めての常任委員会が開催されました。今年度の両部の予算説明や主要事業について説明を受けたところです。琵琶湖環境部では侵略性外来水性植物の除去の状況や昨年の琵琶湖対策特別委員会で議論された「びわこの日」への考え方や烏丸半島周辺で考えられている「にぎわい創生」などについて考え方を問いました。外来水性植物のオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどはしっかり駆除すれば次の年にはそう繁茂しないことから徹底的な駆除が必要です。かって13万㎡に繁茂していた水生植物も今では8万㎡にまで減少した実態からも明らかです。農政水産部では「世界農業遺産」に登録することを目指していますが、それにはまず「日本農業遺産」として認定される必要があります。本年の6月20日には申請をしていくということです。また、湖魚の消費拡大を目指して「琵琶湖八珍」を中心に「おもてなし食堂」などでアピールしてPRに努めるということで大いに期待しています。琵琶湖の主要魚種であるアユが一昨年から不漁で今年も昨年よりはやや回復していますが、まだ平年の漁獲量に比べると厳しいものがあります。この傾向が続くと全国の河川放流にも琵琶湖のアユの需要にも影響が出ることは必至であります。アユは年魚でありますが一昨年の不漁が数年漁獲に影響を与えます。琵琶湖の漁師にとっては死活問題ですからしっかりと期待に応えてほしいものです。

Appendix

プロフィール

滋賀県議会議員 さの高典

Author:滋賀県議会議員 さの高典

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

QRコード

QRコード