Entries

環境農水常任委員会

午前中は、県庁において常任委員会が開催され農政水産部では米原市で発生した竜巻被害の状況や大雨による農産物の被害状況の報告、アユ資源の漁獲の現状や資源状況について報告を受け審議、その後琵琶湖環境部から竜巻や大雨の森林関係の被害状況やオオバナミズキンバイを始めとする外来性侵略植物の状況など多くの案件について説明を受けました。午後からは県内調査があり、当初は痛風で足が痛く欠席するつもりでありましたが、米原市の竜巻被害の現状を見るべきと提言した手前、最初の調査が終わった後、米原市の「きやんせの森」の視察をするとのことでありましたから行くことにしました。農業大学で学生さんと県民参画委員会でICTなどを活用した新しい農業経営や担い手が少ない中、農業を志しこれからの農業を担っていこうという青年との意見交換をしました。確かな考えを持ち頼もしい感じがしました。その後、米原市の現場視察となりましたが70mあまりの筋状に竜巻は通過したようで森の大木はちぎられたように枝がとび、根っこから倒木している木もありました。その筋から離れたところは傷ついた木もなく筋にあたるところは想像もつかない倒れ方でありました。以前、植樹祭の折に天皇陛下が種まきをされた檜はその筋にあたり心配されましたが、わずかに枝が数本折れているだけで被害は少なかったのですが、その周りの木がひどい被害を受けているのに天皇陛下の檜の木は被害がなかったのはまさに「神木」という気がしてなりません。

Appendix

プロフィール

滋賀県議会議員 さの高典

Author:滋賀県議会議員 さの高典

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

QRコード

QRコード