Entries

砂防ダム決壊

西日本を襲った記録的な豪雨で広島県の砂防ダムが決壊し、大半が崩れてなくなっていたことが判明したと発表されました。下流の集落はひとたまりもなく飲み込まれ川に沿って土石流が流れ込みその地区の8人が亡くなったということです。行方不明も多数おられるとようです。国交省によれば砂防ダムの決壊は極めて異例とのことであり、広島県は5年二一度点検し異常は把握してなかったということです。想像以上の雨が降ったことは理解できますがこれほどの惨事を招いた原因や責任はしっかり調べなければならないと思います。愛媛県のダムは水量が満杯になり「異常降水時防災操作」に基き全開したことにより下流域は大きな浸水被害が出て多数の方々が犠牲になられました。事前に周知をしたと国交省は記者会見で述べていますが、夜中の2時30分の知らせでどれだけの人が避難が出来たのでしょう。TVの映像を見ていると事前に周知されてもあれだけの水量が短時間に流されれば防ぎようがありません。大雨で河川の水量は満杯でありその上あれだけのダムの水が流されれば当然の結果であります。難しい問題ですがもう少し工夫ができないものなのか疑問が残ります。

Appendix

プロフィール

滋賀県議会議員 さの高典

Author:滋賀県議会議員 さの高典

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

QRコード

QRコード