Entries

平成最後の日

平成の最後の日を迎えました。天皇陛下の退位となり約200年ぶりに天皇が退位されました。振り返ってみますと私にとっては、地方議員一筋の年代でした。昭和62年の選挙で大津市議会議員に当選させて頂き、平成11年から五期20年にわたり県会議員をさせて頂きました。今回の選挙で負けてしまい文字通り平成年代で議員生活も終止符が打たれました。全国的には災害の多い平成時代でした。特に平成7年「阪神淡路震災」は1月17日午前5時過ぎの地震で地域的には離れていた私の地域でありますが大きな揺れにビックリして飛び起きました。その後のテレビで被害の大きさに驚愕した地震でした。数日後、家内と被害現場の確認のためJRで三宮まで行ったことが思い出されます。悲惨な状況で神戸に近づくにつれブルーシートで覆われた家屋がだんだん多くなっていくのが確認できました。そしてトイレが全くないことに困った思い出があります。平成23年3月23日の「東日本大震災」の時は二月定例会議の委員会の開催中でしたが、それもテレビで津波により家屋が流されていくのを見て映画のシーンを見ているようでありましたが、現実の姿であり津波の恐ろしさ改めて感じました。両地震とも選挙の行われる年に当たり、特に平成23年の地震では福島の原発が大きな被害を受け予定していた「決起集会」も中止した次第です。そして地球温暖化の影響か過去に例のない台風が本土へ上陸したりゲリラ豪雨により尊い命が犠牲になり、被害も大きなものとなりました。「備えあれば憂いなし」と言いますが備えをしていても最近の傾向は容赦してくれません。明日から「令和時代」がスタートしますが、災害のない明るい日本となることを願っています。

Appendix

プロフィール

滋賀県議会議員 さの高典

Author:滋賀県議会議員 さの高典

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

MONTHLY

検索フォーム

QRコード

QRコード